加工技術

スライス

素材に合うスライサーで0.1mm単位のスライス加工を実現


スライサーと呼ばれる機械で、軟質ウレタンスポンジや硬質ポリエチレンフォーム、ゴムスポンジなどの発泡体を必要な厚みにスライスすることができます。
弊社では、材料によりますが0.1mm単位の寸法でスライス加工が可能です。


上剥き機

材料をテーブルにセットし、水平回転する刃物によって水平方向に裁断加工を行います。
製品の厚みが薄く、数量が多い場合に最適です。
001.jpg


割機

上下送りロールで材料シートを送り、ロールの間に設置された回転する刃物で上下に分割スライスを行う機械です。
ロールで挟み込んで材料を送るので、低発泡倍率の硬質スポンジの加工に最適です。
002.jpg


 

スライス加工へのこだわり


003.jpg 厚み精度に自信があります。
厚み0.5mmから0.1mm単位の寸法でスライス加工が可能です。
寸法精度の要求が高まる中、弊社では最新の設備を導入するなどして加工精度の向上に努めております。